★1981年

●№148「ロミオとジュリエット」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●№149「冬の柩」 作:水上勉 演出:西木一夫

●№150「桜の園」 作:チェーホフ 演出:千田是也

●№151「農場」 作:D・ストーリー 演出:阿部廣次

●№152「夏の夜の夢」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●№153「神の汚れた手」 作:曾野綾子 演出:田中千禾夫

●№154「八月に乾杯!」 作:アルブーゾフ 演出:袋正

●№155「バースディ・パーティ」 作:ハロルド・ピンター 演出:島田安行

★1982年

●№156「ヴェニスの商人」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●№157「肥前松浦女人塚」 作:岡部耕大 演出:西木一夫

●№158「食肉市場のジャンヌ・ダルク」 作:ブレヒト 演出:千田是也

●№159「たわむれに、なすな恋」 作:ミュッセ 演出:増見利清

●№160「波-わが愛」 作:山本有三 演出:島田安行

●№161「悲しみよ、そっと、ほとばしれ」 作:アルブーゾフ 演出:袋正

★1983年

●№162「ウィンザーの陽気な女房たち」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●№163「こころとおもう」 作/演出:田中千禾夫

●№164「メアリ・スチュアート」 作:F・シラー 演出:千田是也

●№165「紅花物語」 作:水上勉 演出:阿部廣次

●№166「門―わが愛」 作:夏目漱石 演出:島田安行

●№167「荒野の落日」 作:森村誠一 演出:永井智雄

★1984年

●№168「テンペスト」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●№169「肝っ玉おっ母とその子供たち」 作:ブレヒト 演出:千田是也

●№170「おまえにも罪がある」 作:安部公房 演出:千田是也

●№171「海賊、森を走ればそれは焔」 作:清水邦夫 演出:増見利清

●№172「華やかなる鬼女たちの宴」 作:岡部耕大 演出:西木一夫

●№173「二人だけの舞踏会」 作:小山祐士 演出:東野英次郎、阿部廣次

●№174「遁走譜」 作:眞船豊 演出:千田是也

●№175「貴族の階段」 作:武田泰淳原作より田中千禾夫 演出:千田是也

★1985年

●№176「つづみの女」 作:田中澄江 演出:阿部廣次

●№177「エセルとジューリアス」 作:クルチコフスキ 演出:千田是也

●№178「波―わが愛」 原作:山本有三 演出:島田安行

●№179「遠雷」 作:立松和平 演出:安井武

●№180「別荘の人々」 作:ゴーリキー 演出:増見利清

 

★1986年

●No.181「アメリカの時計」 作:アーサー・ミラー 演出:増見利清

●No.182「教育」 作・演出:田中千禾夫

●No.183「セツアンの善人」 作:B・ブレヒト 演出:千田是也

●No.184「門ーわが愛」 作:夏目漱石 演出:島田安行

●No.185「聖母の戦きありや神無月」 作:岡部耕大 演出:西木一夫

●No.186「心ーわが愛」 作:夏目漱石 演出:島田安行

★1987年

●No.187「テーブル・マナー」 作:エイクボーン 演出:西木一夫

●No.188「背信」 作:ビンター 演出:島田安行

●No.189「たすけて」 作:山内久 演出:安川修一

●No.190「エセルとジューリアス」 作:クルチコフスキ 演出:千田是也

●No.191「あまつ空なる…」 作:中村眞一郎 演出:千田是也

★1988年

●No.192「お気に召すまま」 作:シェイクスピア 演出:増見利清

●No.193「浮気のレッスン」 作:エイクボーン 演出:亀井光子

●No.194「赤きこころもて飛鳥」 作:斎藤憐 演出:千田是也

●No.195「去年の夏、チェリームスクで」作:ヴアムピーロフ 演出:フォーキン

●No.196「じゃじゃ馬ならし」 作:シェイクスピア 演出:千田是也

★1989年

●No.197「女学者」 作:モリエール 演出:島田安行

●No.198「季節はずれの長屋の花見」 作:吉永仁郎 演出:阿部廣次

●No.199「ウーマン・イン・マインド」 作:エイクボーン 演出:増見利清

●No.200「白痴」 作:ドストエフスキー 演出:フォーキン

●No.201「有福詩人」 作:幸田露伴 演出:千田是也

★1990年

●No.202「海の夫人」 作:イプセン 演出:千田是也

●No.203「朝は、七時」 作:ポール・オズボーン 演出:青井陽治

●No.204「カドリールゆらゆるスカーツ」 作:八木柊一郎 演出:島田安行

●No.205「コンスタント・ワイフ」 作:サマセット・モーム 演出:増見利清

●No.206「ふゆー生きて足れり」 作:岡部耕大 演出:西木一夫